安さの秘密を徹底解説!格安航空券のヒミツ

 

そもそも格安航空券って?

旅行や出張などで飛行機を利用する時、気になるのはやはり料金ではないでしょうか。国内線では、正規に購入するよりも格安の価格で販売されている航空券があります。ホームページ等で検索すれば、取り扱いをしているサイトを見つける事ができ、格安航空券の予約を行う事が出来ます。価格は変動しますが、場合によっては正規価格より80%という破格の値段で購入することも可能です。では、格安航空券は、なぜ正規に販売されている航空券よりも安い値段で販売する事ができているのでしょうか。実は格安航空券は、航空会社が直接販売しているものではなく、旅行代理店等が販売している物です。ここに、格安航空券の価格の安さの秘密が隠されています。

格安航空券の安さの秘密

旅行代理店は、旅行の時期や日程、移動手段や宿泊施設等をパッケージングした「ツアー」を企画し、消費者に提供しています。この時、「ツアーのパッケージングのパーツの1つとして使用する」事を条件とする事で、航空会社から正規料金よりも安い価格で航空券を仕入れています(航空会社には、閑散期などに発生する空席を捌く事ができ、ロスを減らせるというメリットがあります)。格安航空券とは、この「ツアー」に組み込まれたセットの中から航空券だけを抜き出して販売しているものです。旅行代理店側も似たような理由で、ツアー用に仕入れた航空券の余剰分を捌く事で、自社のロスを減らせるというメリットがあるため、格安航空券という形で販売しているわけですね。

海外旅行においての格安航空券とは航空会社がツアー用に安く用意した航空券で、ITチケットと呼ばれる事もあります。航空会社が旅行会社にまとめて卸したチケットをばら売りする事で、安く購入することができます。国内線では早割や格安航空会社の格安で販売されている航空券を予約するのが良いでしょう。